小学校と中学校の英語はどう変わるのか。いつから英語を習わせる?

日本の英語教育が変わります。

本日は、公立の小学校と中学校の英語はどう変わるのかを

見ていきます。

 

小学生の英語教育に関しては

ご家庭によって取り組みに差があります。

また、地域によっても差があります。

 

特に小学生の子供さんの英語教育は、保護者の方の

ご協力が欠かせません。

家庭学習へのご協力です。

他の教科もあるのに英語まではとてもと考えてしまう方も

多いと思います。

 

 

公立の小学校の英語はどう変わるのか?

 

この先、小学校で本格的に英語が導入されます。

5・6年生は、2020年から教科になりますね。

英語の読み・書きが導入されます。

 

教科になるということは

テストなどにより成績が付けられます。

今の段階で、すでに英語に苦手意識を

持っている小学生がいます

成績により、英語に苦手意識を持つ子供が

増えなければいいですが。

成績の付け方に工夫をしてほしいものです。

 

先日通いの小学3年生の生徒さんが、学校で渡された

英語のテキストを見せてくれました。

子供を引き付ける内容だと思いました。

ただ、授業は、おそらくある時期に数回行うだけだと思います。

日本人の専任の先生が英語で行います。

(同じ市内でもネイティブの先生が行うモデル校もある)

たとえ数回でも現在3年生から英語の授業があるのは、

恵まれているほうですね。

 

5・6年生で規定の回数を全く行っていない小学校もあります。

1ヶ月か2ヶ月に一度ほどの英語の授業と聞いて驚きました。

かなり地域差があるようです。

2020年からは変わるであろうと思いますが。

小学校の英語教育はどうなって行くのでしょうか?

大人の責任は大きいと思います。

 

 

 

 

あなたはお子さまの英語教育どうされますか?

 

もうすでに変わることになっているのですから

あなたはお子さんの英語教育どうされますか?

「学校にお任せします。」という考えの方は

何もする必要はないですね。

 

多くの方は、

① 子どもが困らないために習わせたほうが良いのか。

② 塾で対応してくれるのか。

③ 習わせたいけど経済的にちょっと無理。

などと考えてしまわれるのではないでしょうか?

 

他にもあるかもしれませんが、

この3つの解決法を見て行きましょう。

 

 

子どもが困らないために習わせたほうが良いのか

 

高学年の子供さんは、本人が英語を習う気があるか

どうかが重要になります。

もし、子どもさんが習いたいなら、

子どもの意見も聞いてあげてくださいね。

小さいお子さんは、おそらくお母さまに従います。

 

迷われているなら、無料体験レッスンを

数校受けてみてください。

その印象で習わせるかどうかを決められては

どうですか?

 

教室の選び方ですが、もし、保護者の方が何か考えや

ご希望があればそれを優先してください。

特に、親の希望がない場合は、続けるためにも

通いやすい場所にしましょう。

 

体験に行ったとき、大きなスクールなら

受付の応対の仕方、入ったときの雰囲を要チェック。

子どもさんと先生との相性が何よりも大切ですが

大きなスクールでは無料体験レッスンだけでは

分からないかもしれません。

授業が始まり、もし先生と合わない場合に

クラス変更など対処してくれるかどうか

始めに聞いておいてください。

 

フランチャイズや個人の塾で、先生が直接

無料体験レッスンを行っている所なら

お子さまとの相性がよいかどうかは

すぐにわかると思います。

先生や、教室の雰囲気をよく観察してください。

 

もし、無料体験レッスンを保護者に見せないスクールは

大きくても個人でもやめてくださいね。

他の所に行きましょう。

 

 

塾で対応してくれるのか

 

まず第一に塾に直接たずねてください。

その時、中1での学習内容のどこまで

フォローしてくれるのかを具体的に

聞きましょう。

 

例えば、

アルファベットの練習、

be動詞の学習までか。

1学期で学習する内容までか。

2学期分までか。

などです。

 

これから小学生向けの塾も英語を

教える所が増えていくでしょう。

ですので上記のように具体的に

聞かれたほうがいいですね。

 

もし、子どもさんが希望されたら

英語専門のスクールも考慮してください。

 

 

通わせたいけど経済的にちょっと無理

 

ネットを活用しましょう。

保護者のPCやスマホでYouTubeなどを

利用されるのをおススメします。

無料でいろいろありますので。

子供さんといっしょにどのサイトで学習するのか

決めてあげてください。

 

保護者の方の目が届く所で

曜日や時間などを決めて

学習されるといいですね。

 

 

このような解決法がありますが、

他にもあればご連絡ください。

 

また、保護者の方からのご質問など

ありましたらラインかメールにて

お尋ねください。

 

 

こちらはアメブロ内の過去記事です。↓

小学生ですでに英語に苦手意識が…

 

 

公立の中学校の英語教育はどうかわるのか?

 

中学校での英語の授業を

「英語で行うことが基本」

となります。

 

在籍生の中学は、すでに英語で授業を

行っている先生もいるようです。

文法の説明は日本語らしいです。

生徒たちからの伝え聞きですので

授業中どれほど英語を使っているのかは

はっきりしませんが。

 

中学校では、ALT(Assistant Language Teacher、

外国語指導助手)が派遣されますので、

生徒には、できるだけ質問をして話しかけるようにと

伝えています。

 

大学入試も変わりますので、

中学生の間に英検3級の取得をおすすめします。

 

◎英検3級の二次試験(面接試験)についてはこちらを
 参考にしてください。

英検3級二次試験(面接試験)の流れを知っていますか?

 

◎大学入試に導入予定の新方式の英検については
 英検サイトのこちらをどうぞ!

 

 

 

 

中日新聞5月5日付「英語教育改革」についての記事

 

最後に、中日新聞5月5日付「英語教育改革」についての記事より
立教大名誉教授であり同時通訳者として有名な鳥飼玖美子さん、
岐阜女子大学長松川礼子さん、タレントのパックンさんの意見の
一部を抜粋いたします。

 

異文化理解の視点で   鳥飼久美子さん

政府の「グローバル人材」とは経済が望む「企業戦士」のこと。でも、本当に
英語が必要な国民はせいぜい10%、多くて30%と言われています。物や情報、
人の移動のグローバル化で「英語が必要」と思う人は多いですが、米国のトランプ大統領の
当選や英国のEU(欧州連合)離脱など、逆向きの動きもあります。先が見通せない時代
確かなのは、多文化共生が欠かせなくなることです。

国際共通語としての英語を学ぶ大きな目的は異文化コミュニケーションです。言語や文化
の異なる人々とコミュニケーションを取ることで「人間は違いがあるから面白い」と気付きます。
違いに寛容になれば、誤解を解くコミュニケーションが始まります。英語が不要とは思いませんが
押し付けの弊害は大きい。成績に一喜一憂せず、長い目で子どもを見守るべきです。

 

 

楽しむことから上へ   松川礼子さん

教科化で英語がしゃべれるようになると期待する人がいるかもしれませんが、
生涯にわたって勉強しないと英語の達人にはなれません。学校教育はその学びの
基礎をつくるところと考えてほしい。スピーキング能力の強化が狙いですが、
選抜の道具として適切かどうか。日本のように日常生活で英語を使う環境にない国
で、効率よく英語を教えるには文法が一番です。

目指すべきは、グローバルスタンダードという、テストで測る「正しい英語」では
なく、各自が自分のできる範囲で英語に親しみ、英語で表現する「私にとっての英語」
です。経済界の人達は、「正しい英語」を使えるために小中高大の各段階でここまで
達成しろという「上から下に下ろす」発想ですが、私は「私にとっての英語」を
土台に小中高大と「下から上に広げる」べきだと考えます。

 

 

大切なスキルの一つ   パックンさん

中学校の英語の授業を全部英語でするのは、すぐには難しいのでは。小学校1年生から
英語教育を始めればできるようになるはずですが、実施までの助走期間が3年だけでは
難しいと思います。先生の負担が重すぎるし、文法の基礎を学ぶには日本語の授業を
聞く方が分かりやすい。僕も最初は英語で書かれた本で日本語を勉強しました。

国際人になるために、英語ができなきゃ駄目とは思っていません。海外から来た人を
日本語だけで完璧におもてなしする人もいます。また、英語ができるからといって
国際人になれるという保障はない。大事なのは世界に通用する何かを持つこと。技術や
美的センス、発信力…。幅広いスキルを持つことが重要だと思います。英語もスキルの
一つです。一つにすぎないとも言えますが、大事な一つです。

 

 

以上ですが、あなたはどう思われますか?

どなたの意見に近いでしょうか?

どの方の意見も納得できます。

わたしは、松川礼子学長の

目指すべきは、

「正しい英語」ではなく、各自が自分のできる範囲で
英語に親しみ、英語で表現する「私にとっての英語」です。

という言葉にとても魅かれました。

 

 

今日も最後まで読んでいただき感謝いたします。

 

小学生・中学生・高校生向け無料体験レッスン実施中!毎月先着3名様のみ!

英検に挑戦したい小学生の皆さん、

英検に合格したいけれども英語に苦手意識がある中高生の皆さん、

英文法がよくわからない中高生の皆さん、

不登校だけれども英語を学びたい生徒さんに、  

 優しい言葉で分かりやすく説明いたします。                   

マンツーマンレッスンなのでどんなに初歩的なことでも恥ずかしがらず
 質問することができます。

◎英検の学習には、塾専用の教材をご提供いたします。(ご希望の方のみ)

9月より毎月先着3名様のみ無料体験レッスンを受講していただけます。

◎お問い合わせ・お申込みはこちらよりどうぞ!

注:8月末日までは、お申込みの方全員に無料体験レッスンを受講していただけます。

 

 

いつまでも脳を若々しく保つためにも、50代以上の方向けにゆっくり目指す英検合格コース・脳活英語コースを設けております。

英検を受験するかどうかは個人におまかせいたします。

英検の勉強をすることで「聞く、話す、読む、書く」の4技能の総合的な英語力を身に付けることができます。

「脳活英語コースで」は、音読・リスニングにより脳を活性化させます。プラス英語も身に付きます。ぜひ、体験レッスン&セッションをお試しください。

◎毎月先着3名様のみ体験セッション&レッスンを特別価格3000円で受講していただけます。

◎お問い合わせ・お申込みはこちらよりどうぞ!

 

 

一般の方(大学生も含む)向けのクラス

英検合格を目指されている方(5級から2級)

高校中級までの英文法を見直されたい方

詳しくはHPのこちらを参考にしてください。

セッション&レッスンのおおよその流れです。

◎毎月先着3名様のみ体験セッション&レッスンを特別価格3000円で受講していただけます。

◎お問い合わせ・お申込みはこちらよりどうぞ!

スカイプ、ラインで体験レッスンを試してみませんか?

 

 

 

 

もしあなたが、今よりも英語の成績を伸ばしたい、英語力を向上させたい、英会話ができるようになりたいとお考えなら、私、河合とのスカイプ・ライン英語コーチング体験レッスン(60分:5,000円)を試してみませんか?

大変申し訳ありませんが、ただ今一般コースの受付けはしておりません。

小中高生は、8月までは各月先着3名様まで無料体験レッスンをお試しいただけます。

2019年9月より有料(3000円)になりますのでご了承ください。

スカイプで行うレッスンですので、移動時間などもなく、ご自宅にいながら英語を学んでいただくことができます。

お仕事などで忙しい方でも受講しやすいと、好評をいただいています。

体験レッスンについて詳しくは、こちらをクリックしてご覧ください⇒

LINEからのお問い合わせ・お申し込みはコチラ

友だち追加

スマホの方は、上記ボタンをタッチすると「友だち追加」されます。 その後、LINEの「トーク」からご連絡ください。

PAGE TOP